2017年4月

4月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1598ナイス数:348Queen LuciaQueen Lucia感想1920年代に書かれたイギリスの田舎を舞台にしたコメディー。BBCのBirds of a featherなどに通じる笑いだった。見栄を張る有閑マダムを中心に小さなコミュニティの主権争いをコミカルに描いている。100年経っても変わらないものは変わらないというのがおかしいやら、哀しいやら。読了日:04月29日 著者:E. F. Benson
1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)感想長い物語の1/6まで来たところ。感想は最終巻を終えたらにしようと思う。読了日:04月23日 著者:村上 春樹
Neuromancer (Sprawl Trilogy 1)Neuromancer (Sprawl Trilogy 1)感想サイバースペースでハッカーとして暗躍するCaseが、一度は使い物にならなくなった脳を修復してハッカーとして再生する。千葉の場末の外人の溜まり場に発し、超巨大企業のAI内のバトルまで、ブレードランナー、マトリックス、攻殻機動隊をごちゃ混ぜにしたような話だった。これが30年以上前に書かれていたというのが凄い。英語は慣れるのにかなり時間がかかった。読了日:04月17日 著者:William Gibson
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)感想しばらく前に話題になっていたので、日本からの帰りに空港で購入。ちょっと毛色の変わったハウツー本というくくりでいいかな。さらさら読めて、ドラッカーを読んでみようかな、という気にさせてくれる、かな。読まないとは思うけど。読了日:04月07日 著者:岩崎 夏海
The Known WorldThe Known World感想ピューリッツァー賞受賞作。アメリカ・ヴァージニア州を舞台に奴隷制度に関係する様々な人々の様子とその後が淡々と描かれている。元奴隷だった黒人ヘンリーが奴隷を所有して農場を経営する様子、そこで奴隷として使われている人々、ヘンリーの元所有者、「自由民」として生まれた恵まれた黒人たち、脱走奴隷を捕獲するパトロールの面々、どの人の「話」をとっても奴隷制度や黒人に対する考え・接し方は複雑で、これまでいくつか読んだアメリカの奴隷制度にかんする作品の中で最も考えさせられた。いずれ再読するだろう作品。読了日:04月07日 著者:Edward P. Jones
読書メーター
[PR]

# by johnnycake2 | 2017-05-04 20:07 | 読書記録

2016年5~12月

2016年の読書メーター読んだ本の数:38読んだページ数:12543ナイス数:2560Allegiant (Divergent)Allegiant (Divergent)感想途中ちょっと中だるみという感じがしないでもないが、終わり方はよかったと思う。自分自身を含めて人の行いを許すということと、傷を負っても前に進めるということが全体のテーマかな。主人公二人の愛よりも、友情と親子関係のほうが印象に残った。読了日:12月28日 著者:Veronica Roth
Insurgent (Divergent Trilogy)Insurgent (Divergent Trilogy)感想1巻の終わりにはTrisとTobiasの絆が深まったかに思えたのだが、この巻では二人の関係がギクシャクしっぱなしで、さらに様々な良心の呵責から自暴自棄になってしまうTrisに振り回された感がある。巻の終わりに新たな事実が明らかにされ、最終巻に続くとあるからには、最後まで読まねばなるまい。読了日:12月14日 著者:Veronica Roth
心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)感想え、これからどうなるの!?度では、これまでの巻の中で一番高かったかも。美緒さんが幸せでよかった。彼女がかつての片恋のときと今の状況を比べるときの比喩が良かった。澪が決断を迫られることが何度か続いたが、最後の決断は辛いよね。読了日:11月10日 著者:高田 郁
Divergent. Veronica RothDivergent. Veronica Roth感想5つのグループに分けて構成され、16歳で適性検査を受け、適性を考慮した上で自分の所属するグループを決める社会。しかし、ベアトリスはどのグループにもぴったりとは当てはまらないDivergentという結果が出た。生まれ育ったグループとは違う生き方を選んだ彼女は、迷いながらも、自分の意志で進んでゆく。 テンポの速いアクションもの。それにロマンスをふりかけた感じ。Hunger Gamesと同じ様な雰囲気かな。 映画化されているので、アクションシーンがどの位のものかチェックしてみたい。読了日:11月08日 著者:Veronica Roth
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)感想今回は美緒さんが潔かったというか、割り切ったと言うか。種市の娘つるのことや小松原のことがもう少しわかってきたのもおもしろかった。4話目の嘉祥が、澪のではない視点から描かれている作品で新鮮だった。読了日:11月05日 著者:高田 郁
今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)感想この巻では、つる屋に対して明らかな嫌がらせをする「悪者」が出て来ず、これまでの登場人物たちをもっと深く知れる話ばかりなのが良かった。おりょうさん夫妻もいいねえ。読了日:11月03日 著者:高田 郁
The Invasion of the Tearling: (The Tearling Trilogy 2) (Queen of the Tearling)The Invasion of the Tearling: (The Tearling Trilogy 2) (Queen of the Tearling)感想The Queen of Tearlingシリーズ2巻目。いや、謎は解けるどころか増えているかも?しかし、Lilyに関する項目は少し謎が減ったかな。魔法の仕組みやら、社会制度やらでは、何だかんだと突っ込めるけれど、一気に読ませる本でもある。最終巻では、きちんと謎が解明されて欲しい。読了日:10月27日 著者:Erika Johansen
The Queen of the Tearling: Preview Edition e-BookThe Queen of the Tearling: Preview Edition e-Book感想久々のYAファンタジー。美しくはないけれど、誠意を特って継承した王位と向き合う若き女王の物語。結構ダークでグロテスクな描写もある。正義感ある強い女の子が厳しい運命に立ち向かうのはHunger Games に通じるところも。謎だらけの一巻なので、続きでもう少し明らかになる部分があるといいな。読了日:10月12日 著者:Erika Johansen
The Beginner's Goodbye: A NovelThe Beginner's Goodbye: A Novel感想突然の事故で妻を亡くした主人公が、周りの人たちに気を遣われるのを嫌がり引きこもりがちになるが、「戻ってきた」妻との何度かのやり取りを経て妻の死を受け入れていく。全体的にメランコリックな話だが、前向きな終わり方に救われる。Anne Tylerは一度読んでみたかった作家なので、読書会の課題図書に選ばれて良かった。読了日:09月26日 著者:Anne Tyler
アルケミスト―夢を旅した少年アルケミスト―夢を旅した少年感想何度か夢に出てきた宝物を探すためにスペインからピラミッドへとむかう少年が旅の途中で様々な人と出会い「大いなることば」を学び、自分の心と向き合う。児童書っぽいけれど、信仰や哲学は大人が読むために書かれたのでは?とも思う。原書はポルトガル語だということなので、日本語で読んでみたが、巻末に英語から日本語に訳されたとあったので、しまった、英語で読めば良かったと後悔。読了日:09月15日 著者:パウロ コエーリョ
Blood MeridianBlood Meridian感想壮絶だった。19世紀半ばのアメリカとメキシコの国境周辺を舞台に、私設部隊とインディアンの間で繰り返される殺戮をこれでもかとばかりに描いた作品。しかし、殺戮の合間には、人間たちの殺し合いよりさらに厳しい自然が詩的な文章でつづられている。登場人物たちの感情には一切触れず、すべて情景描写から推し量るしかない。この厳しい環境においては、人も動物も同じレベルでただ生き残りをかけて存在する。醜さと美しさが共存している稀有な作品だと思う。読了日:09月13日 著者:Cormac McCarthy
想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)感想みをつくし料理帖、2巻に続いて3巻も一気読み。つる屋には良い人たちが集まって、辛いことがあっても心が暖まる。ブックオフで購入したのはこの巻までなので、続きは暫くお預け。読了日:08月21日 著者:高田 郁
花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖感想みをつくし料理帖2巻目。1巻に劣らず面白かった。出てくる料理がどれも美味しそうなのに自分じゃ作れそうにないものが多くて残念。最後のやつだけは夏になったら挑戦してみようと思った。新登場のりうばあさんがかっこいい。読了日:08月21日 著者:高田 郁
Harry Potter and the Cursed Child - Parts One & Two (Special Rehearsal Edition): Parts I & II: The Official Script Book of the Original West End ProductionHarry Potter and the Cursed Child - Parts One & Two (Special Rehearsal Edition): Parts I & II: The Official Script Book of the Original West End Production感想ロンドン滞在がもう少し長かったら見に行けたかもしれなかった舞台の脚本。やはり読むよりは舞台を見たかったな。ハリーの次男アルバスを中心とした話なんだが、大人になったハリー達や、マクゴナガル先生なんかの言動のほうが気になってしまう。ハリーとダンブルドアのやり取りや、ハーマイオニーとスネイプのやり取り辺りが良かったかな。読了日:08月11日 著者:J. K. Rowling,Jack Thorne,John Tiffany
HousekeepingHousekeeping感想アメリカの田舎町で母親に置いていかれた幼い姉妹が、祖母を経て変わり者の叔母に世話になる話。情景描写が美しく、町の中心となる湖を始め、風や水が生物のように息づいている。また、叔母さんがおよそ常識とは縁のない人で、彼女の奇妙な行動に振り回される姉妹の様子が可笑しいやら悲しいやら。映画化もされているそうだが、この有機的風景描写が映像で表現できるとも思えず、見る気にはなれない。読了日:08月09日 著者:Marilynne Robinson
Bring Up the BodiesBring Up the Bodies感想Thomas Cromwell 3部作第2巻。ヘンリー8世の2番目の妃が王の寵愛を得られなくなり、大逆の罪で処刑されるまでをクロムウェルの視点から描いている。前巻同様何気ない風景が要所要所で印象深い。また、王妃以下「罪人」達への尋問の様子も、歴史的結果が分かっているのに面白い。王の思惑とは違うクロムウェル自身の目的が今回はっきりしてきて、最終巻ではどんな展開を見せてくれるのか楽しみだ。読了日:07月27日 著者:Hilary Mantel
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)感想あちらこちらで話題になっていたこのシリーズ、日本滞在中にブックオフで最初の3巻のみゲット。日本語で小説を読むのは何ヶ月ぶりか。時代・人情ものだけど、料理のことが細かく書いてあって、それがいい味出してる。主人公の苦労とけなげさは「おしん」並。まわりのサポートもいい。このまま一気に3冊とも読んでしまいそうな気がする。読了日:07月22日 著者:高田 郁
金の空想科学読本 読者が選んだ傑作25編 (空想科学文庫)金の空想科学読本 読者が選んだ傑作25編 (空想科学文庫)感想羽田空港で購入した本。暫く前にポッドキャストでこの人へのインタビューを聞いたことがあったから手にとってみた。アルプスの少女ハイジがオープニングでこいでいたブランコの長さはどのくらいか、などと空想の産物を科学するもの。それなりにおもしろいし、こういうのを読んで科学に興味を持つ人も出てくるかもしれないな、とは思う。私的にはお金を出して買うほどのものではなかった。読了日:07月16日 著者:柳田 理科雄
TatianaTatiana感想Arkadyシリーズの最新作。第1作のGorky Parkに続いて読んだ。大体において似たような話だった。ロシアの町の様子は面白かったけれど。読了日:05月31日 著者:Martin Cruz Smith
Gorky ParkGorky Park感想パート1は割合普通のミステリーという感じだったけれど、パート2から俄然おもしろくなって、最後まで結末の予想できない展開だった。ソ連の警察とKGBの対立や、アメリカ対ロシアの様々な駆け引きなどのバックグランドも後半特に面白かったし、主人公Arkady Renkoの家族・友人関係の横糸も良かった。読了日:05月18日 著者:Martin Cruz Smith

[PR]

# by johnnycake2 | 2017-05-01 20:15 | 読書記録

2016年4月

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:524ページ
ナイス数:196ナイス

The President's HatThe President's Hat感想
フランス語から英語へ翻訳された本。80年代のフランスでミッテランの帽子を手に入れたごく普通の男性が「帽子の力」で人生を変える。しかしその帽子は…。というミッテランの帽子を巡って人々の人生が変わっていく話。フランス語でもそうなんだろうけれど、英語の訳が流れるようでいい。フランスらしく食・ファッション・芸術に関した部分の描写がイギリスものと違っておもしろい。また、80年代を日本で過ごした者としては、当時のフランスの様子も興味深かった。
読了日:4月13日 著者:AntoineLaurain
Breakfast at Tiffany'sBreakfast at Tiffany's感想
ニューヨークで作家になるために頑張っている語り手が同じアパートに住むHolly Golightlyをめぐる話を書いたノヴェラ。他に短編3作が入っている。カポーティは数年前読んだIn Cold Blood以来だが、この人の文章は切れが良いと思う。そして長い文章でもわかりやすい。Hollyの登場シーンで彼女の清潔さを表現するところなど秀逸である。収録作品は、どれもある程度切ない。そして、このGolightlyという苗字がいい。Lightly come, lightly goから来ているのか。映画も見てみたい。
読了日:4月8日 著者:TrumanCapote
Three Men in A BoatThree Men in A Boat感想
ここのところずっと真面目で暗めな本が続いていたので、ここにきてコメディをということで読んで大正解。いや、おもしろかった。100年以上前に書かれたとは思えないくらい。モンティ・パイソン以下現代のイギリスコメディに繋がる部分が大いにあると思った。英語もそれほど古めかしくなくて読みやすい。これを元に作られたドキュメンタリーをちらっと見たことがあったけれど、もう一度見てみたい。
読了日:4月1日 著者:JeromeK.Jerome

読書メーター

[PR]

# by johnnycake2 | 2016-05-05 20:21 | 読書記録

2016年3月

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:442ページ
ナイス数:104ナイス

Never Let Me GoNever Let Me Go感想
ディストピアSFなんだけど、SFっぽさはあまりなくて、現実社会にある格差を寓話化した話として捉えたほうがいいような気がする。Kathy、RuthそしてTommyの置かれた状況は、戦時下のイランの子供たち、貧しい国々の最下層で生きる子供たちなどと重なル部分がある。 全体的雰囲気や話の持って行きかたがMargaret AtwoodのThe Handmaid's Taleを思い出させた。しかし、Ishiguroの作品はAtwoodのそれよりも個々の人間関係に重きを置いていて、よりSFらしくないとも言える。
読了日:3月15日 著者:KazuoIshiguro
The Sense of an EndingThe Sense of an Ending感想
60代の男性が40年前に亡くなった友人のことを回想する中で、20代の頃と年を取ってからの違いなどを色々と考察する話。あるきっかけで、かつてのガールフレンドと連絡を取るのだが…。 初老の人間が若い頃を回想するとさもありなん、という部分が多々あり、ある程度年を取っている読者のほうが楽しめると思った。特にこれと言った出来事が起こるわけではないので、人生について色々つぶやくような話かと思ったら、最後5%ぐらいで仰天した。あ~、そうか、そういうことか。再読したら、ここに繋がる部分がもっとよく見えてくるだろうな。
読了日:3月3日 著者:JulianBarnes

読書メーター

[PR]

# by johnnycake2 | 2016-04-07 20:13 | 読書記録

2016年2月

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:914ページ
ナイス数:70ナイス

Maxine Hong Kingston's: The Woman Warrior : A Casebook (Casebooks in Contemporary Fiction)Maxine Hong Kingston's: The Woman Warrior : A Casebook (Casebooks in Contemporary Fiction)感想
中国の口承文学を織り交ぜながら中国系アメリカ人が語る彼女の母親と自身の半生記。第二次大戦中に先に移住していた夫に呼ばれてアメリカに移住してきたこの母親がとにかくいろんな意味ですごい。アメリカ生まれの子供たちは彼女に言われるがままの日々。1950年代のカリフォルニアの中国人街もおもしろいけれど、周りのものすべてを圧倒するこの母親の前には色あせて見える。 我が家は国際結婚なので、同じ文化からきた移民が作り上げた家庭とは違うのだけれど、親と子の世代ギャップに加えた異文化ギャップには頷くところもあった。
読了日:2月24日 著者:
The Anchoress: A NovelThe Anchoress: A Novel感想
13世紀のイギリスで教会の一室に自らすすんで閉じ込められ、ひたすら人のために祈ることでそのまま一生を終えるのがAnchoress。母親と妹の相次ぐ死を経てそのAnchoressになると決めたSarahはわずか17歳だった。世俗から離れて静かなる祈りの日々を送れるはずだった生活は実際にはそうも行かなくて…。 実のところ、途中で投げ出したくなった。著者が地元の人で、面白そうな題材ということで2月の読書会の課題図書に選ばれたのだが、これが課題図書じゃなかったら、三分の一も読まないうちに投げ出していたと思う。
読了日:2月14日 著者:RobynCadwallader
The Martian: A NovelThe Martian: A Novel感想
映画化されて話題の本作、軽妙な語り口でサクサク読め、最後の最後まで気をもませるエンタメ小説だった。そして、この設定ながらコメディー。SFだから色々科学関係のことが出てくることは出てくるけど、そういうのが苦手でも大いに楽しめるだろう冒険小説。そして、絶望的な状況でも希望を捨てず、次の手を考えていく主人公がいい。何だかんだと冗談を飛ばしながらも、的確に状況を判断し行動していくこの主人公、好感を持たずにはいられない。(彼女がいないのが信じられない!)
読了日:2月6日 著者:AndyWeir

読書メーター

[PR]

# by johnnycake2 | 2016-03-07 20:53 | 読書記録